Mutable Instruments Braids

https://www.musicecosystems.jp//web/image/product.template/12859/image_1920?unique=a5abc15

Mutable Instruments公認 デジタル・シンセシス・エンジン
※本製品を使用するにはModularが必要です。

¥ 6,190 6190.0 JPY ¥ 6,190

¥ 5,628

    この組み合わせは存在しません。

    表示価格は税込です
    ハードウェアも送料無料でお届けします
    お支払い方法について 

    Softube Mutable Instruments Braids

    プラグインソフト Mutable Instruments公認 デジタル・シンセシス・エンジン

    洗練されたサウンドをジェネレート

    フランスでのEurorackパイオニア、Mutable InstrumentsのBraidsは単なるオシレーターではありません。

    微調整と粗調整のピッチ/周波数コントロール、V/Oct入力、電圧制御可能なトーン/音色コントロールが搭載されたルックスは、オシレーターのように見え、出力されるサウンドを聴いてもオシレーターのように思えます。

    Mutable Instrumentsではマクロ・オシレーターと呼んでいますが、これは控えめな表現です。Braidsは非常に洗練されたデジタル・シンセシス・エンジン。45種類にもおよぶアルゴリズムの他、複数のオシレーター、波形テーブル、フィルター、VCA、リング・モジュレーターなど、内蔵の様々な機能を使用してヴィンテージ・シンセのクラシックな波形、ベル、レゾナント・フィルター、撥弦および擦弦楽器、ボーカルや母音/フォルマント・サウンド、管楽器、パーカッション、ノイズ、グラニュラー・クラウドなど、複雑なサウンドをジェネレートし制御できます。

     
     

    特徴

    モード毎にアルゴリズムが異なり、「Timbre」と「Colour」の2つのトーン・コントロールを回すことで様々なサウンドが生まれます。これらのコントロールの機能は、アルゴリズム毎に変わるよう予めプログラムされており、多くの場合に複数のパラメーターを一度に調整してスイート・スポットを探り当てます。もちろん、これらのコントロールはCV制御可能です。
    Odoo テキストと画像のブロック

    トリガー入力と内蔵のADエンベロープを使用すれば、各アルゴリズムを独立したシンセ・ボイスにすることが可能。もちろん他のモジュールは不要です。とは言え、他のモジュールと組み合わせば、想像できる範囲の全ての楽器を作り出せます。

    ある意味、Braidsは古典的なシンセシス技法の百科事典であり、これらの技法を現代に活かすためのツールであると考えることができます。また、素晴らしい音質と使いやすさを兼ね備えています。

    各モードが完結した楽器になるBraidsは、驚く程、そして見事なまでに、豊かで変化に富み、複雑でもあります。

    ハードウェア版に関する情報はMutable InstrumentsのWebサイトをご覧ください。Future Musicによる製品紹介ビデオもオススメです。

    主な特徴

    • 40種類以上のデジタル・シンセシス・アルゴリズムを備えたマクロ・オシレーター

    • クラシックな波形、通信システムのノイズ、ベルやホイッスル、パーカッションにアンビエンスなど、多種多様なサウンドを簡単にジェネレート

    • 2つのコントロールで各アルゴリズムのスイート・スポットを確保

    • パーカッションのトリガーに最適

    • 並外れて複雑な波形合成

    • グリッチノイズの多い、制御不能な変調サウンドに最適

    • 非常に奥深く、かつ使いやすい

    • 史上最高のシンセ・サウンドを収めたライブラリのようなもの

    • 本製品を使用するにはModularが必要です。

    プラグイン・システム必要環境

    Softubeプラグイン・システム必要環境はこちらをご覧ください。