A32pro

https://www.musicecosystems.jp//web/image/product.template/13101/image_1920?unique=17dcf33

発売日:2022年11月23日
在庫なし:納期1ヵ月程度

¥ 528,000 528000.0 JPY ¥ 528,000

¥ 480,000

    この組み合わせは存在しません。

    表示価格は税込です
    ハードウェアも送料無料でお届けします
    お支払い方法について 

    Ferrofish A32pro

    32チャンネル・アナログ <> MADI / ADATコンバーター、ルーター

    製品概要


    A32proは、プロフェッショナルのニーズに答える機能郡、性能、安定性と圧倒的なコストパフォーマンスで世界中で高い支持を得たADDAコンバーター「A32シリーズ」の後継機種で、Ferrofish伝統の「信頼性と色付けのないクリーンなサウンド」を引き継ぎながら、新しいモジュラー・ハードウェア・プラットフォームを基に設計されました。最大192kHzのサンプルレートに対応し、スタジオ品質の32 × 32バランス入出力、さらに汎用性の高いMADI、ADATのデジタル入出力を備えるなど、多彩なマルチチャンネルI/Oを提供するFerrofishのフラグシップAD/DD/DAコンバーター&ルーターです。

    本体は新しくブラック・フィニッシュ・デザインを採用し、フロントパネルでタッチパネル操作が可能になり、かつてない簡潔でスムーズな操作性を実現します。さらに、2系統のメインTRS出力、2系統のヘッドフォン出力を備え、録音時のモニタリング環境を大幅に強化しています。GPIO端子からの制御も可能です。内部にはSHARC DSPプロセッサーを搭載し、追加で2機のDSPを拡張できるスロットを備えます。

    他チャンネル・オーディオ・コンバーターの新時代到来です。

    入出力

    Odoo - 3列のサンプル1

    アナログ入力 × 32チャンネル

    D-Sub 25(Tascamフォーマット) × 4

    Odoo - 3列のサンプル1

    アナログ出力 × 32チャンネル

    D-Sub 25(Tascamフォーマット) × 4

    Odoo - 3列のサンプル1

    MADI入出力 × 1(LC)

    オプションでSFPモジュールを追加可能(マルチモードもしくはシングルモード)

    Odoo - 3列のサンプル1

    ADAT入出力 × 4

    48kHzで32入力 / 32出力(最大96kHz対応)

    Odoo - 3列のサンプル1

    ヘッドフォン出力 × 2

    専用DACを搭載し全ての入出力(モノ、ステレオ、MS)をモニタリング可能

    Odoo - 3列のサンプル1

    ワードクロック入出力 × 1

    75Ω内部ターミネーション搭載

    Odoo - 3列のサンプル1

    MIDI入出力 × 1

    3.5mm TRS端子(MIDI 2.0レイアウト):リモート操作可能

    Odoo - 3列のサンプル1

    電源 × 2

    グラウンド・ループ・フリーのロック式リダンダント電源(オプション)

    Odoo - 3列のサンプル1

    USB端子 × 1

    ファームウェアアップデートおよびリモートコントロール専用

    TRSステレオ・メイン出力


    主な機能

    • D-Sub25 (Tascamフォーマット) バランス・アナログ入出力 × 4(32 in / 32 out)
    • 専用DACを備えたステレオTRSメイン出力
    • ADAT入出力 × 4(32 in / 32 out):ダブルスピードで96kHz対応
    • MADI入出力 × 1 (64 in / 64 out):LCコネクタSFPモジュール(シングルモード、コアキシャルに変更可能)
    • 拡張MADI SFPモジュール・スロット × 1(マルチモードもしくはシングルモード・オプティカル、コアキシャル)
    • BNCワードクロック入出力 × 1:独自のジッター抑制回路搭載
    • MIDI入出力用3.5mm TRS端子 × 1(MIDI 2.0ピンアウト)(MIDIアダプター別売)
    • D -Sub15 GPIO端子:プリセット及びアラート・モニタリングのリモート操作
    • HQアンプ・モジュール専用DACを搭載する1/4インチTRSヘッドフォン出力 × 2
    • 192kHzに対応するESS社の最新AD/DAコンバーター・チップ
    • 直感的な操作が可能な4画面マルチタッチ・スクリーン
    • 照光式タッチ・センシティブ高解像度エンコーダー
    • 柔軟なルーティング・マトリックス
    • MADI経由のMIDI送受信(MIDI-over-MADI)
    • 専用のデュアル・ヘッドフォン・モニタリング・マトリックス
    • SHARC DSPによる内部信号処理DSPスティックを追加可能な拡張スロット × 2 
    • シンプルなMIDIコマンドでリモート操作を可能にするMIDI CCモード
    • RemoteFish (Mac & Windows) によるリモート操作
    • 19インチ
    • 1Uサイズ、ファンレス設計

    多チャンネル・オーディオ・コンバーターの新時代


    Ferrofishは、A32proシリーズの開発に向けて広範な研究開発を長い年月をかけて行い、同社が掲げるコストパフォーマンスに優れ柔軟性の高いAD/DAコンバーターを開発することに成功しました。

    膨大なチャンネル数のアナログ入出力に加え、多彩なデジタル入出力、ルーティング機能、リダンダント・オプション、将来のアップグレードに対応するDSPオプションを搭載するFerrofish A32proシリーズは、最新のレコーディング・スタジオやライブ再生システム、放送、設備音響、さらには今注目が集まる空間オーディオの録音再生システムとして、高い品質と信頼性を備えたAD/DAコンバーター兼分配器の新しいマイルストーンとなる製品です。

    アナログ&デジタル入出力



    1Uサイズの本体には、D-Sub25経由で32系統のバランス・アナログ入力と32系統のバランス・アナログ出力を搭載。さらに最新世代のESS AD/DAコンバーターを採用し、プロフェッショナル品質のADDAコンバージョンを実現します。さらに、ステレオ・メインアウト(アナログTRS × 2)を装備していますので、スタジオ内でのモニタリング環境も追加することが可能です。また、フロントパネルの2系統のヘッドフォン出力からは全ての入出力信号をモニタリング可能です。

    デジタル端子は、オプティカル(マルチまたはシングルモード)とコアキシャルのSFPモジュールを取り付け可能な最大64chのMADI入出力用スロットを2つ装備します。A32proはMADIオプティカル・マルチモード、A32pro Single ModeはMADIオプティカル・シングルモードを標準搭載し、それぞれの拡張スロットにはオプティカル(マルチモードまたはシングルモード)またはコアキシャルのSFPモジュールを取り付け可能で、リダンダントでの使用も可能です。

    4系統のADAT入力は最大32chをサポートし、SMUX/2モードで96 kHzに対応します。デジタル同期を確立させるワードクロックは、BNC端子、もしくはADAT、MADI経由で送受信可能です。MIDI入出力は3.5mmのTRS端子からご利用いただけます。(MIDIアダプター別売)

    デジタル・フォーマットコンバーター&ルーター



    A32proシリーズの多彩な入出力は、とても柔軟なデジタル・フォーマットコンバーターおよびシグナル・ルーターとして機能します。

    オーディオ信号は全てのアナログおよびデジタル・フォーマットに自由に変換でき、さらに8チャンネル単位で複数フォーマットで同時に出力できます。

    Ferrofish製品は連続して接続させることで膨大なチャンネル数を驚くほど少ないラックスペースに収めることができます。

    完全リダンダント仕様


    A32proシリーズは、ミッション・クリティカルな現場でも安心してご利用いただけるようにリダンダント(二重化)が施されています。

    電源はオプションのパワーサプライを繋ぐことでリダンダントに対応し、MADIもオプションのSFPモジュール(オプティカル・マルチモード、オプティカル・シングルモード、コアキシャル)を追加することで回線の欠落時に自動的に切り替わります。

    また、新たに搭載された電源/MADI/温度アラート機能によりトラブルをスマートに解決することが可能です。

    フロントパネル操作



    A32proシリーズのフロントパネルの高品位なTFTディスプレイは32チャンネルの入力、および32チャンネルの出力のレベル・メーターを同時に表示します。

    フロントパネルは直感的且つ簡単です。ゲイン、出力レベル、ルーティング、モニタリング、クロックなどの搭載される全ての設定をタッチセンサー式エンコーダーとタッチパネル・スクリーンで操作できます。

    RemoteFishによるリモートコントロール



    A32proシリーズは、複数の方法でリモート操作できますので、長距離伝送が必要なライブ録音や放送、設備音響などで理想的なセットアップが可能です。 MIDI*をはじめ、MIDI-over-MADI、USB、GPIO経由でアラートメッセージを含むリモートコントロール**が可能です。

    複数のA32proをステージや機材ラックに設置しデイジーチェーン接続でコントロールすることも可能です。

    リモートコントロール・ソフト「RemoteFish」はウェブサイトから無償でダウンロードでき、複数のFerrofishデバイスの入出力、モニタリング、ルーティングなどの全ての機能を操作できます。

    *MIDIを利用するためにはMini TRS - MIDIアダプター(別売)が必要です。

    ※現在A32proシリーズで使用できるRemoteFishはベータ版です。USBでのコントロールに対応しています。MIDI、MIDI-over-MADI、Dante経由は現在非対応ですが、今後のアップデートで対応を予定しています。

    高性能なDSP

    A32pro は、高品位なアナログ入出力に加え、強力なDSPを搭載。浮動小数点演算と80ビットアキュムレータ処理を行う高性能なSharc-DSPを備え、全てのオーディオデータを圧倒的な精度で処理します。

    DSPはルーティング、ミキシング、アナログゲイン、レベル設定を処理し将来的には、高精度かつレイテンシーのないオーディオエフェクトを処理できる高品質なFerrofish DSP-Effectsを搭載する予定です。

    機能拡張に備えてDSPスティック用スロットを2基備えており、マルチチャンネル・オーディオや信号処理のアップデートにも対応します。

    拡張性に優れたプラットフォーム


    将来の拡張に備え、DSP Stick用拡張スロット× 2、SFPモジュール用拡張スロット× 1が用意されています。

    SFPモジュール用拡張スロットにはMADIオプティカル(マルチモードまたはシングルモード)またはMADIコアキシャルのSFPモジュールを追加で取り付け可能です。

    ※拡張用のDSPスティックおよびMADIコアキシャルSPFモジュールは近日発売予定。

    ダイレクト・ヘッドフォン・モニタリング

    2つのヘッドフォン出力は、モノラルまたはステレオの入出力を直接モニターすることができるので、別途モニタリング用のデバイスを用意する必要はありません。ヘッドフォン出力はTFTディスプレイ上のソース・コントロールで簡単に設定が可能です。アナログ、MADI、ADAT、Danteの各チャンネルを選択することができます。サブミックス・モニタリング機能は、ファームウェアのアップデートで実装する予定です。

    この2系統のヘッドフォン端子は、バランス仕様でご利用いただくことも可能です。


    使用例

    ライブ録音

    MADI対応オーディオインターフェイスと組み合わせることで高品位なライブ録音システムを構築可能です。PAからのアナログもしくはMADIの信号をA 32proで受け、追加のアンビエンスマイク入力をプリアンプからADAT経由で受け取り、A 32proに搭載される内部マトリックス機能を使ってMADI回線にまとめて伝送することが可能ですので、さまざまなシチュエーションの会場でも安心なシステムです。

    レコーディング・スタジオ

    MADI対応オーディオインターフェイスと組み合わせることで高品位なマルチチャンネルのシステムを高いコストパフォーマンスで導入できます。マイクプリアンプなどの信号をADAT回線で受け、MADIを経由して録音/再生が可能です。アウトボードのエフェクターに個別にセンド/リターンするための十分なアナログ32+32チャンネルの入出力を搭載します。48kHzでMADI入出力64チャンネルの伝送に対応しています。Main Outを使用することで、アウトボードで使用するI/Oとは別にモニター環境を構築可能です。

    イマーシブ対応スタジオ

    近年導入が増えているイマーシブ対応スタジオでは、多くのFerrofish AD/DAコンバーターが採用されています。メインとなるDAWのマシンとMADIに対応するオーディオインターフェイス経由で接続が可能です。Dolby Atmos、Sony 360 Realty Audio、Auro 3D、さらにはNHK 22.2フォーマットにも対応する十分なチャンネル数を搭載します。

    イマーシブ対応ストリーミング

    スポーツなどの試合会場にイマーシブのモニタリング環境を設置したイベントや収録現場において、A 32proは高品位なマルチチャンネルのシステムを高いコストパフォーマンスで導入できます。MADIオプティカルは1系統につき64チャンネルのオーディオ信号を最大2000mまで伝送することができます。観戦するイベント会場では、会場のMCマイク信号を含め、イマーシブでのモニターが可能です。豊富なアナログ出力によって、別途会場からのストリーミング配信へミックスダウンを送る用途に使用できます。

    同梱物

    ACアダプター、USBケーブル、LC / SCオプティカル・ケーブル(デュプレックス)、A32pro / A32pro Danteユーザー・ガイド(日本語)、ゴム足

    技術仕様

    サイズ

    • 1U、ファンレス設計

    • 奥行:31cm(12.6インチ)(端子含む)

    重量

    • 4.1kg

    アクセサリ

    Odoo - 3列のサンプル1

    オプティカル・ケーブル

    ALVA プロフェッショナル・オプティカル・ケーブル(TOSLINK;ADAT / SPDIF)